matplotlib で棒グラフを描く

Last update: 2016-06-22

[期間限定記事] オンライン学習サイト Udemy で Python とデータサイエンスを学ぼう *割引中1,200円*

本ページでは、Python のグラフ作成パッケージ Matplotlib を用いて棒グラフ (Bar chart) を描く方法について紹介します。

matplotlib.pyplot.bar の概要

matplotlib には、棒グラフを描画するメソッドとして、matplotlib.pyplot.bar が用意されてます。

matplotlib.pyplot.bar の使い方

matplotlib.pyplot.bar の主要な引数

left (必須) 各棒の X 軸上の数値
height (必須) 各棒の高さ
width 棒の太さ (デフォルト値: 0.8)
bottom 各棒の下側の余白。(主に積み上げ棒グラフを出力するために使います)
color 棒の色。
edgecolor 棒の枠線の色
linewidth 棒の枠線の太さ。
tick_label X 軸のラベル
xerr X 軸方向のエラーバー (誤差範囲) を出力する場合、数値または配列を指定。
yerr Y 軸方向のエラーバー (誤差範囲) を出力する場合、数値または配列を指定。
ecolor エラーバーの色を値または配列で指定。
capsize エラーバーの傘のサイズを指定。
align 棒の位置。’edge’ (垂直方向の場合:左端, 水平方向の場合:下端) または ‘center’ (中央)を指定。 (デフォルト値: ‘edge’ )
log True に設定すると、対数目盛で出力します。 (デフォルト値: False)

基本的な棒グラフの出力例

5 本の棒を出力

bar1

幅=1.0に設定 (=棒と棒の隙間を表示しない)

bar2

棒の色を緑色 (#1E7F00) に設定し、枠線を非表示

bar3

棒の色、枠線の色、太さを設定

bar4

棒の位置を中央に設定

bar5

横軸に文字列のラベルを指定

bar6

タイトル、X 軸、Y 軸のラベルを出力

bar7


エラーバー (誤差範囲) を表示する

X 軸方向のエラーバーを一律 0.5 で赤色 (red) で表示

bar8

Y 軸方向のエラーバーを黒色 (black) で表示

bar9

Y 軸方向のエラーバーを傘のサイズ 10 で表示

bar10

Y 軸を対数目盛で表示

bar11


積み上げ棒グラフ

積み上げ棒グラフ
bottom パラメータを使用し、下側の余白付きでプロットすることで積み上げ棒グラフを作成しています。

bar12

積み上げ棒グラフ (凡例を表示)

bar13

参考: pyplot — Matplotlib 1.5.1 documentation

See also