Rodeo のインストールと使い方

Last update: 2016-08-09

[期間限定記事] オンライン学習サイト Udemy で Python とデータサイエンスを学ぼう

Rodeo (ロデオ) とは、Yhat 社 によって開発されている Python の統合開発環境 (IDE) です。同様の Python 開発環境には、PyCharm (PyCharm のインストール方法) や Eclipse プラグインの PyDev などがありますが、Rodeo は R の開発環境として広く使われている RStudio に似た UI (ユーザインターフェース) を持っているという特徴があります。このため、RStudio に扱いなれている方が Python を扱う際に、Rodeo を利用すると効率よく扱うことができるでしょう。

Rodeo は以下のように、RStudio と同じ画面構成となっていることがわかります。

rodeo-rstudio-compare2


Rodeo をインストール

本手順では、Windows 10 に Rodeo 2.0.13 (2016 年 8 月現在での最新版) をインストールする方法についてご紹介します。なお、Rodeo には、Mac, Linux 版も用意されており、同様の手順でダウンロード、インストール可能です。

事前準備
本例では、Anaconda を利用して Python をインストール済みの状態から手順を開始します。Python をインストールしていない場合、「Anaconda を利用した Python のインストール」の手順で事前にインストールしておきましょう。

Rodeo をダウンロード
Yhat 社の Rodeo のページ にアクセスし、ページ中央の「DOWNLOAD RODEO FOR WINDOWS」ボタンを押して、ダウンロードを開始します。

yhat1-5

Rodeo をインストール
ダウンロードが完了したら、ダウンロードしたファイルを開きます。

yhat2-1

セキュリティの警告が表示されるので、「実行」を押します。

yhat3-1

インストール中、以下のアニメーションが表示されます。

yhat4

「Windows セキュリティの重要な警告」の画面が表示されたら、「アクセスを許可する」を選択しましょう。

yhat5-1

初期設定中、以下のような画面が表示されます。

yhat6

インストールが完了したら、「READY TO RODEO!」というボタンが表示されるので、押しましょう。

yhat7

以下のように、画面が崩れた状態 (上下左右 4 分割で表示されない状態) で起動した場合、一度 Rodeo を終了し、再度起動すると、正しい画面構成で起動します。
yhat8

Rodeo のショートカットを作成

Rodeo のインストーラは、スタートメニューやデスクトップにショートカットを作成しないため、毎回インストールフォルダを探して起動するのが面倒です。そこで、以下の手順を実行することで、デスクトップにショートカットアイコンを作成し、簡単に起動できるようにします。

スタートボタンを押し、%HOMEPATH%\AppData\Local\rodeo と入力します。

path

以下フォルダが表示されるので、「app-2.0.13」フォルダを開きます。(バージョンが違う場合は適宜読み替えてください)

yhat90-1

「rodeo.exe」を右クリックし、「送る」⇒「デスクトップ (ショートカットを作成)」を押します。
yhat93

デスクトップにショートカットが作成できました。
yhat94-1

Rodeo を起動する
デスクトップに作成したアイコンから、Rodeo を起動します。
yhat9


Rodeo を使ってサンプルプログラムを実行

プログラムを左上のパネルに入力し、実行対象のコードが記載された行で、Ctrl キーと Enter キーを押すとプログラムを実行することができます。

“Hello world!” と出力するプログラム

yhat11

簡単な四則演算

yhat12

Pandas でデータフレームを作成

rodeo13

作成したデータフレームは、Environment パネルから内容を確認することができます。

rodeo11

水色のアイコンを押すと、表形式でデータフレームを確認できます。

rodeo12


Rodeo を使ってグラフを出力

Python パッケージの ggplot を使ってグラフを描画します。
(R パッケージの ggplot2 と名前が似ていますが、ggplot は別のパッケージで、ggplot2 に似た見た目のグラフを出力できます。)

ggplot


Rodeo の便利な使い方

以下に、Rodeo を使った便利な使い方についてご紹介します。

実行したコマンドの履歴を表示
実行したコマンドは、「History」パネルに記録されています

rodeo10

主要なショートカットキー
Rodeo では、以下のようなショートカットキーが利用可能です。

内容 ショートカットキー (Windows/Linux) ショートカットキー (Mac)
コードを実行 Ctrl + Enter ⌘ + Enter
オートコンプリート (入力補完) を表示 Tab Tab
Python カーネルを再起動 Ctrl + R ⌘ + R
エディタにフォーカス Ctrl + 1 ⌘ + 1
コンソールにフォーカス Ctrl + 2 ⌘ + 2
「Environment/History」にフォーカス Ctrl + 3 ⌘ + 3
「File/Plot/Package/Help」にフォーカス Ctrl + 4 ⌘ + 4
コメントアウト Ctrl + = ⌘ + /
ズームイン Ctrl + + ⌘ + =
ズームアウト Ctrl + – ⌘ / Ctrl + –

Vim (Vi) や Emacs のキーバインドを利用する
設定画面の Editor のパートにて、Vim や Emacs のキーバインドを利用するように設定が可能です。
rodeo21

以下は、Vim のキーバインドを設定した例です。例えば、正規表現を使って、効率よく文字列の置換やコピーなどが可能です。
rodeo22


まとめ

IDE としての基本的な機能は、PyCharm などと同じですが、RStudio に使い慣れている方には、Rodeo は扱いやすいのではないかと思います。自分自身にとって扱いやすい開発環境を選んで作業することが、作業効率の面ではとても重要でしょう。

参考: Docs – Rodeo

See also