Python と R の違い (線形回帰による予測)

Last update: 2016-06-26

[期間限定記事] オンライン学習サイト Udemy で Python とデータサイエンスを学ぼう *割引中1,200円*

本ページでは、R と Python それぞれで線形回帰による数値予測 (重回帰分析) を行う方法を紹介します。

本例では、あくまで両環境でのコードや分析結果の表示についての比較の目的で行ったため、分析手法の説明や学習や検証における詳細なパラメータ設定は行っていないことをあらかじめご了承ください。

R での実装例

lm 関数を用いて実行できます。

ソースコード

出力結果

実際の値 (1.8) に対して、約 1.88 と予測できています。

lr

Python での実装例

scikit-learn の sklearn.linear_model.LinearRegression クラスを用いて実行できます。

ソースコード

出力結果

実際の値 (1.8) に対して、約 1.67 と予測できています。

lr-py

See also