Pandas のデータフレームを確認する

Last update: 2016-05-29

[期間限定記事] オンライン学習サイト Udemy で Python とデータサイエンスを学ぼう

このページでは、Pandas のデータフレームの中身を確認する方法を紹介します。

先頭 N 行を表示する

head([表示する行数]) メソッドでデータフレームの先頭 N 行を切り出すことができます。


末尾 N 行を表示する

tail([表示する行数]) メソッドでデータフレームの末尾 N 行を切り出すことができます。


基本統計量を算出する

describe() メソッドをで、件数 (count)、平均値 (mean)、標準偏差 (std)、最小値(min)、第一四分位数 (25%)、中央値 (50%)、第三四分位数 (75%)、最大値 (max) を確認することができます。


各列の型を確認する

作成したデータフレームの dtypes アトリビュートにアクセスすることで、各列の型 (dtype) を確認することができます。


列名を表示する

データフレームの列名の一覧を取得するには、columns アトリビュートにアクセスします。


行名 (index) を表示する

データフレームの行名 (インデックス) の一覧を取得するには、index アトリビュートにアクセスします。


値のみを 2 次元行列として表示する

value アトリビュートにアクセスすることで、列名、行名を除いた値のみの行列を取得できます。


参考: 10 Minutes to pandas — pandas 0.18.0 documentation

See also