matplotlib で指定可能な色の名前と一覧

Last update: 2016-06-26

[期間限定記事] オンライン学習サイト Udemy で Python とデータサイエンスを学ぼう

本ページでは、Python のグラフ描画 (データ可視化) ライブラリである、matplotlib でグラフの線や棒の色に指定可能な色の名前 (カラーコード) とその方法について紹介します。

色の名前で指定

以下のように色の名前を用いて指定できます。指定可能な色の名前は matplotlib.colors.cnames で確認できます。

指定可能な色の名前

指定可能な色の名前 (一覧)
colorpalette
color example code: named_colors.py — Matplotlib 1.5.1 documentation を参考に作成


1 文字で指定

matplotlib の Color API ページによると、以下の主要な色については 1 文字で指定可能です。光の三原色 (RGB) と色の三原色 (CMY) に黒と白 (KW) を合わせた 8 色です。

b 青 (Blue)
g 緑 (Green)
r 赤 (Red)
c シアン (Cyan)
m マゼンタ (Magenta)
y 黄 (Yellow)
k 黒 (Black)
w 白 (White)

出力イメージ

colorpalette-singleletter


16 進数のカラーコードで指定

#ff0000 (赤), #000000 (黒) のような、HTML や CSS で用いられる 16 進数で指定することもできます。

出力イメージ

colorpalette-hex


RGB で指定

RGB それぞれのを色の要素を 0.0 ~ 1.0 のタプルで指定することも可能です。

出力イメージ

colorpalette-rgb


グレースケールで指定

‘0.0’ (黒) ~ ‘1.0’ (白) のグレースケールで指定することもできます。作成した資料を白黒印刷する場合に便利です。

出力イメージ

colorpalette-mono

参考: colors — Matplotlib 1.5.1 documentation

See also