matplotlib でヒストグラムを描く

Last update: 2016-06-22

[期間限定記事] オンライン学習サイト Udemy で Python とデータサイエンスを学ぼう

本ページでは、Python のグラフ作成パッケージ Matplotlib を用いてヒストグラム (Histogram) を描く方法について紹介します。

matplotlib.pyplot.hist の概要

matplotlib には、ヒストグラムを描画するメソッドとして、matplotlib.pyplot.hist が用意されてます。

matplotlib.pyplot.histの使い方

matplotlib.pyplot.hist の主要な引数

x (必須) ヒストグラムを作成するための生データの配列。
bins ビン (表示する棒) の数。階級数。(デフォルト値: 10)
range ビンの最小値と最大値を指定。(デフォルト値: (x.min(), x.max()))
normed True に設定すると正規化 (合計値が 1 になるように変換) を実施。 (デフォルト値: False)
cumulative True に設定すると、累積ヒストグラムを出力。 (デフォルト値: False)
bottom 各棒の下側の余白を数値または配列で指定。
histtype ‘bar’ (通常のヒストグラム), ‘barstacked’ (積み上げヒストグラム), ‘step’ (線), ‘stepfilled ‘ (塗りつぶしありの線) から選択。 (デフォルト値: ‘bar’)
align 各棒の中心を X 軸目盛上のどの横位置で出力するか。 ‘left’, ‘mid’, ‘right’ から選択。(デフォルト値: ‘mid’)
orientation 棒の方向。’horizontal’ (水平方向), ‘vertical’ (垂直方向) から選択。(デフォルト値: ‘vertical’)
rwidth 各棒の幅を数値または、配列で指定。
log True に設定すると、縦軸を対数目盛で表示します。
color ヒストグラムの色。配列で指定し、データセット単位で色を指定することができます。
label 凡例を載せる際に使用します。
stacked True に設定すると積み上げヒストグラムで出力します。False に設定すると、横に並べて出力します。

グラフの出力例

hist1

棒の数を 16 に指定

hist2

下限、上限を設定

hist3

正規化 (合計すると 1 になるよう調整)

hist4

累積値を出力

hist5

ヒストグラム下側の余白を 30 に設定

hist6

縦軸を対数目盛で表示

hist13

棒の幅を 0.8 に設定

hist14

棒の色を設定

hist15

塗りつぶしなしの線で出力

hist8

塗りつぶしありの線で出力

hist9


棒の位置・方向に関する設定

各棒の位置を目盛上の左側に設定

hist10

各棒の位置を目盛上の右側に出力

hist11

棒の向きを横方向に出力

hist12


積み上げヒストグラム

積み上げヒストグラム (histtype オプションで指定)

hist7

積み上げヒストグラムとして出力 (stacked オプションで指定)

hist17

積み上げヒストグラムの色を指定する

hist19

積み上げ棒グラフとして出力しない(複数の棒を並べて描画)

hist18

凡例を表示

hist16

参考: pyplot — Matplotlib 1.5.1 documentation

See also